姿勢

大阪市西区北堀江にある総合整体FUJIの藤原です。

今日のテーマは姿勢

70代になってから施術を受け始めた方のお話を。

その方は、側弯症といって背骨が後ろから見てSの字に歪んでいる状態の方でした。
↓ レントゲンだとこんな感じ

こんな感じに背骨が歪んでしまうと

内臓の位置も変わってしまいます。

例えば胃が圧迫されたりすることも・・・

この方の場合は、施術を受け進めて行く中で、食べる量が増えてきた

という感想を述べて頂きました。

つまり、S字の歪みが真っ直ぐになってくることにより

胃の歪み、圧迫が取れてきたのです。

圧迫が取れたことで

胃の容量が大きくなったのです。

初回にお越し頂いた際、この方の肋骨は下の写真のように飛び出ていました。

これも、背骨の歪みを整えてくことで

肋骨の飛び出しが改善してきました。

背骨の歪みを整えるには、

もちろん背骨へのアプローチが必要なんですが、

内臓の位置を正すことで背骨を整えてくことも

必要になってきます!

なのでセッション時は必ず

内臓のアプローチ

そして

背骨・肋骨へのアプローチ

この繰り返しで今は、肋骨の飛び出しが目立たなくなってきました!

70代になってからでも、姿勢の変化は起きるので人間の自然治癒力は素晴らしいです。

高齢になればなるほど

筋肉が硬いから姿勢が歪むというより、内臓の位置が悪いから姿勢が歪むという観点で

施術を行っていくほうが姿勢の改善が見受けられやすいです。

総合整体FUJIのホームページ

https://yuichirolfing.com/

 

インスタグラム

https://www.instagram.com/yuichirolfing0929/

Comments are closed.